Macで超簡単なバナーを作る方法

どうも、ももが(@allshimoga)です!

タイトルの通りです。特にたいしたことはやっていませんが自分の備忘録のためにメモとして残しておきます。

ちなみに僕のデザインのスキルはほぼ0です。いや、ほぼではなく「0」です。フォトショとかイラレとかの以前に簡単なデザインアプリすら使ったことはありません。そんな僕でもなんとなくですがバナーを作れたという話です。

[スポンサーリンク]


今回作ってみたバナー

Lightroom関連の記事を書くときにそれっぽいバナー(アイキャッチ)がなかったのと、Lightroomのアイコンを勝手にアイキャッチにするのも著作権的に大丈夫なのかがわからなくて自分で作ってみようと思い、色々ググりながら作ってみたのがコチラです。

自画自賛ですがシンプルでそこそこ気に入っています。デザイン知ってる人からみれば「なんじゃこりゃ」と思われるかもしれませんが個人のブログでは十分だと思っています。(悪くはないですよね??)

バナーの作り方

まずはこちらのブログを参考にさせてもらいまして、Macに標準で入っていますKeynoteを使ってバナーを作っていきました。

作り方としては、まずは青枠部分を作ってその上に白文字でLightroomと入力します。その後カメラの画像をコチラのサイトから頂戴してドロップアンドドラッグでバナーの上に持っていきます。これでバナーは完成です。

その後Keynoteで作ったバナーを画像形式のファイルへ保存します。方法はファイル>書き出す>イメージの順でPNG画像へと書き出していきます。

書き出したPNG画像を開いてみますとバナーの上下左右の余白部分も一緒にPNG画像へ書き出されてしまっているのでこのままではバナーを使うことができません。以下の方法で余白部分をカットして上書きするとバナーの完成です。

さいごに

冒頭でも触れましたように僕のデザインに関する知識は0です。そんな僕がデザインアプリをインストールして操作方法を覚えてという手順でバナーの作成方法を勉強していたのでは時間がかかってしまうのでKeynoteで作るというのはなんとも目からウロコの方法でした。

Windowsで例えるとエクセルやパワポを使ってバナーを作る感じですね。でもWindowsだとエクセル臭やパワポ臭が全開だと思うのですがMacだとそれっぽく作れちゃうので不思議です。やっぱりMacはデザインに向いているのでしょうね。

それでは!