Macの写真アプリでRAWファイルを抽出する方法

どうも、ももが(@allshimoga)です!

MacでRAW画像を抽出する(書き出す)方法をいつも忘れてしまうので備忘録として残しておきます!

よかったら見ていってね。(´・ω・`)

[スポンサーリンク]

写真アプリって何のこと?

こいつです!(・∀・)

マウスオーバーしても「写真」とだけ表示されるのでいつも正式な名前に困っています。

今日からお前は「写真アプリ」だ!

RAW画像をコピーしたいのに・・・。


写真アプリを開くと写真がこのように一覧化されて出てきますよね。

RAW画像をとっている人ってだいたい「JPEG+RAW」のように2ファイル保存していると思うんですよね。

僕は2つ保存しています。

2つ保存していると「J」のようなマークが表示されます。

そしてこのファイルを普通にコピーしてデスクトップにペーストすると、、、

JPEGしかコピーされないんかーい!(´・ω・`)

RAW画像を抽出!


RAW画像を抽出するには、コピペじゃダメなんですよ。

それでは今からRAW画像を抽出する方法を紹介していきます!

ちなみに「抽出する」ではなく、本当は「書き出す」というようです。

では先程の画像を選択した状態にしてください。


ファイル > 書き出す > 一枚の写真の未編集のオリジナルを書き出す…を選択します。


このまま「書き出す」を選択します。


そうするとJPEG画像とRAW画像の2ファイルがデスクトップ上にできます!

簡単ですね!(・∀・)

さいごに

僕はいつも写真を撮ってきたらRAW画像を編集するのが楽しみのひとつになっているので、RAW画像を書き出すのは必須なんですよね。

でもRAWの書き出す期間が空いてしまうとついつい忘れちゃうんですよ。(^^;

というわけで今回は備忘録でした!

それでは!