酒饅頭を食べたら思い出すこと

みなさんは「酒饅頭」ってご存知ですか?

[スポンサーリンク]

酒の味がふんわりとする饅頭で、こんな感じの饅頭です。
たぶん色んな種類があると思います。
今日食べた饅頭はこれです。

DSC06561

わたしの好きな食べ物って訳ではないのですが、数年に一度くらいの割合で気が付けば食べている感じです。

酒饅頭の思い出

酒饅頭自体、美味しいといえば美味しいのですが、「メチャクチャうまい!」と感じる食べ物ではないですが、個人的に非常に思い入れのある食べ物です。

それはずばり、人生で一番最初に食べたという記憶がある食べ物です。

昔は、包装ももっとチープな感じでした。
確か、青色のビニールで包装されていたような気がします。

幼稚園に入る前くらいの話ですが、家の近所に軽トラを改良したような行商の車が週に1度か2度くらい来ていて、その中に酒饅頭があったような記憶があります。
結構ハッキリとした記憶です。
この記憶が多分、食べ物に関しては一番古い記憶のような気がします。

こんなことをずーっと覚えていたわけではなく、ある日酒饅頭を食べたら、ふと、思い出した感じです。
味覚の記憶ってすごい。

おまけ

酒饅頭を作っている会社は、愛媛県にある「あわしま堂」という会社でした。
昔食べた酒饅頭と同じ会社でしょうか。わかりません。。
DSC06560

さいごに

昔なにかの雑誌で嗅覚が五感で一番記憶に残るというのを読んだことがあります。

味覚も結構な記憶力なのですね。ビックリ。

それでは!