ブログ記事は売って欲しくないなと思った話

どうも、ももが(@allshimoga)です!

みなさんの娯楽って媒体は何でしょうか?テレビですか?本ですか?やっぱりネットですよね!(・∀・)

僕も他の人の書いたブログを読むのは毎日欠かすことのできない趣味になってきています。

実は僕が毎日更新を楽しみにしているブログがあるんですが、そのブログがPV低下をきっかけにブログ記事を切り売りするといのをそのブログで知りました。

[スポンサーリンク]


ブログを売っちゃうと聞いて正直ちょっと悲しかったです。(´・ω・`)

今回はブログ記事を販売ってことを聞いて思ったことを書いていきます。

日記みたいなものなのでお時間があればお付き合いくださいー

あのブログ売ってしまうってよ

会社からの帰り道電車の中でいつものようにfeedlyでお気に入りのブログの更新状況を追っていましたところ、僕の好きなブログが更新されていました。

おお、これはラッキーと思ってその記事を見た瞬間、、、

PVの低下のため売ってしまうとのこと。。。(すみません、微妙なニュアンスは割愛させてください)

価格は1記事につき2000円らしいです。(安すぎです。。)

1記事というあたりがまとめて1人の人に売るというよりは、不特定多数の人へ切り売りするような販売方法でした。

PV低下が理由とのことですが、googleのフレッドアップデートっていうのは無情ですね。

こんなに面白いブログなのに。・゚・(*ノД`*)・゚・。

それにしてもこんなに面白いブログまで順位さげなくてもいいと思うのに。

ブログを売るということ

ブログの売り買い自体がgoogleの世界で違法じゃないのかどうかっていうのは正直分からないのですが、もしあのブログ記事が切り売りされるとしたらもうあのブログに行っても過去記事はなくなっているということですよね。

一読者としてはやはり寂しいものです。

もしですよ、誰か著名な人がまとめて一括で買ったとしてもそれはその人のブログで掲載されているわけじゃないですか。

もしその人のブログが面白くても、その中にテイストの違う別の面白いブログがあるみたいな。

ブログって個性がにじみ出てる雰囲気が楽しみで読んでるって感じがあると思うのですが、それがたとえ面白いものが詰め合わせられたものって色々なテイストの入り混じったポータルサイトみたいになると思うんですよ。それってせっかくかもしだされた個性が消えてしまうんじゃないかなと思ったわけです。

僕が今面白いと思っている(例の記事販売しているブログ)はかなりダウナーなブログなんですよ。例えていうなら太宰のような感じの文章です。

僕がいつも読んでる他のブログは疾走感のある文章が特徴のブログばかりで、太宰系のブログはこちら1つだけなんですよ。

例えばですよ、太宰治がお金に困って自分の作品を売るとしますよ、そうしたら司馬遼太郎が手をあげるとしますよ。(時代がちょっと違うけど)

そうするとですよ、司馬遼の疾走感ある作品の中にポツンと超ダウナーな作品が入り交じるじゃないですか、どちらも最高によい作品だけど読者は絶対困惑すると思うんですよね。

司馬遼の疾走感あふれる作品に触れたかったのに気分が超落ちた。みたいな感じで。

ブログも文章や役立つ情報がと言う前に個性なんだと僕は思います。

なので僕の好きなブログには記事を売らずに残して置いてほしいなぁと思ったまでです。

そうは言ってもブログを書いている方の収益が落ちていることも事実なんだと思います。

そうなってくると僕ごとき1読者がとやかく言うことなんて出来ないですよ。僕と同じでみなさん生活がありますもんね。

でも出来れば僕としてはこのまま残してもらえたら嬉しいですね。

たとえ1記事読むのに100円と言われても僕は出しますよ!

他のファンの人も同じだと思います。

そうやって収益元に戻すのはいかがでしょうか?

ファンとしてはブログは残してほしいです!

さいごに

上記のブログ名はふせさせてください。色々ご迷惑がかかるといけないので。

僕もこのブログはできればずっと更新していきたいものですね。

それでは!