2016年。今年も下北沢に桜の季節がやってきました。

今年は暖冬だったので春の訪れが早いのか遅いのか今一つピンときませんね。それでも桜の開花を見ると春がきたなぁと実感するものです。

下北沢は学生の街でもあるので、新歓コンパ(これは死語なのか?)と桜を見ると季節の変わり目をすごく感じます。

[スポンサーリンク]

2016年桜咲く

shimokita-sakura

うちの近所ではまだまだ5分咲きといったぐらいです。うちから1キロくらい離れたところでは7分咲きくらいに開花しているところもあって意外でした。桜って木によっては咲き方がマチマチなのでしょうか。初めてこんなことに気付きました。

下北沢で桜の季節を迎えるもの今年で7年になりますが、この季節が好きです。

特に下北沢は学生の街なので、春が一番活気溢れる街のような気がします。

今年の新入生(であろう若者たち)を見ると自分が上京してきたときと重ねてみてしまうものです。東京にはかれこれ10年は住み続けていますが、そのうちの7年を下北沢で過ごすとは当時は考えてもいませんでした。どうやら私はよほどこの町が気に入ったのでしょう。

新入生の彼らもこの町が気に入って長年住む人もいれば、飽きて他へ移り住む人もいるのでしょう。人に人生ありですね。春になるとこんな風なことをふと思ったりもしてしまいます。

さいごに

半年ぶりくらいのブログ更新です。今年は毎日は無理でも少しずつ更新していきたいものです。(というか頑張ります。。)

それでは!